So-net無料ブログ作成
ホームページを公開

暖房器具の使用方法を間違えると低温やけどを起こす場合があり

暖房器具の使用方法を間違えると低温やけどを起こす場合があります。
特に高齢者は、加齢によって知覚が鈍くなり熱さを感じにくくなります。
そのため、低温やけどを起こす危険性が高くなります。
そのほか糖尿病の人も病気の影響で神経が障害されると、同様に知覚が鈍くなり、低温やけどを起こしやすくなります。

また、暖房器具を使用したまま寝入ってしまって、低温やけどを起こす場合があります。
次のような場合が特に多く見られます。
1.飲酒により酔っている人です。
2.睡眠薬を使用している人です。
3.仕事や受験勉強などで疲労状態の人です。
乳幼児や介護を必要とする高齢者は、寝た後で家族の人が布団に入れた湯たんぽで低温やけどを起こす人が多く見られます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

低温やけどの症状やけどの予防 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます