So-net無料ブログ作成
ホームページを公開

やけどの予防

低温やけどを起こさないために、次のようなことを守り、低温やけどを防ぎます。
1.居眠りをしてはいけません。
「10分だけ」と思って暖房器具をつけたまま寝入ってしまうと低温やけどを起こしやすいです。
暖房器具の中でも特に注意しなければならないものが、「こたつ」です。
タイマーを利用するなどして有効に使用するとよいと思います。

2.カバーなどを工夫します。
「湯たんぽ」「あんか」などのカバーは、厚手の布製の袋に入れます。
決して、むき出しの状態で使用することはしないでください。

3.クッションなどを使用します。
電気カーペットの上で体を横にするときは、毛布を敷くか、くるぶしやかかとあたりにクッションを入れます。
カーペットの面が擦り切れていないか注意してください。

4.衣類の上からカイロを使用します。
使い捨てカイロを使用するときは、必ず衣類の上から当てます。
そして、その部分を圧迫しないように注意します。
また、布製の袋に入れ使用して、時々カイロの場所を変えるようにすることもよいと思います。

5.靴用のカイロは靴の中だけで使用します。
靴用のカイロは、多く空気に触れることで高温になります。
ですから、靴用カイロは靴の中以外では使用してはいけません。
歩くときも、空気が靴に入り熱くなることがあります。

6.周囲の人が気にかけます。
高齢者や子供の場合は、周囲にいる人が気にかけてあげることが大切です。
寝入ったら湯たんぽを取り出したりします。
高齢者の場合、暖房器具によって熱中症を起こして、意識障害、低温やけどを起こすこともあります。
寝入っていたとしても、時々は、気にかけ様子を見ることも大切です。
やけどの参考サイトはこちらです⇒熱湯 やけど 処置
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます