So-net無料ブログ作成
ホームページを公開

低温やけど

一般的な高温やけどは、「熱い湯がかかる」「火に触れる」など瞬間的なもので起こります。
低温やけどは、高温でない熱源でも継続して皮膚に触れることで起こります。
調査結果によると、「44℃でおよそ6時間」「45℃でおよそ3時間」「46℃でおよそ1時間半」で低温やけどを起こしたそうです。
45℃といったら、ちょっと熱めのお風呂と同じです。
お風呂の湯が45℃で「心地よい」と感じる人もいると思います。
しかし、そのくらいの温度でも低温やけどの原因となるのです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

-|低温やけどの症状 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます